KATOのブログ

映像と音楽と思いついたこと色々

人生初海外のワタシが何も考えずにNYに来てしまった話2

 

 

こんにちは、KATOです。

 

前回の続きです。

f:id:hjryf6fc:20170227213424j:plain

ホントはニューヨーク旅行記みたいに書こうと思ったんですけど、やっぱりなんか違うなと思って、ここは率直な意見を書こうと思います。

 

結論から言うと、このプロジェクトに参加できたことは自分にとってすごいことで、初めての海外だし、ニューヨークだし、自分のキャリアにない仕事で、参加出来たことをとても光栄に思います。

ただ結果として場所はどこでもよかった。別にニューヨークじゃなくても。

観光も苦手だし、英語もわからないし、人見知りだし。でもひきこもって何かやっていても気付いてくれる人がいなかったらそれは誰にも感動を与えられない。今回一番学べたことは場所が重要なのではなくて、誰と何をするかが重要だということ。人に会うことの大切さ。

会社にいただけじゃ、友達といただけじゃ自分のスタンス、器ははかれない。自分がどの位置にいてどんなことが出来るのか。

許可をとってないのと、情報がまだ公になっていないのでニューヨークで何をしてきたかは具体的にここでは言えませんが、今回色んな人にあって改めて考えさせられました。

みんな違う意見をもってる。あるところでは評価してくれる人がいて、またあるところでは批判されることもある。

批判されるのは怖い。評価されてばかりだと自分を見失う。

僕は今まで人の意見を怖がってあまり外の世界に出て行かなかった。

だから気付くまでに時間がかかってしまったけれど、今回の活動を通してそれに気付けて良かったと思っています。今後に活かせる凄く大切な時間を、プロジェクトに参加させていただいたことで皆さんから教えていただくことが出来ました。あらためて出会った人達に感謝いたします。

 

ありがとうございました。