読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATOのブログ

映像と音楽と思いついたこと色々

僕が映像制作にマイクロフォーサーズを選んだ理由について

 

 何故マイクロフォーサーズを選んだのか?

 

これはデジタルカメラを使った映像制作を始めるにあたって当初一番悩んだ部分です。

フルサイズか、APS-Cか、マイクロフォーサーズか…

ただ、結局のところどれを使っても一長一短なのであまり深く考えずに好きなの使うのが一番な気がします。

 

 そんな私が当時マイクロフォーサーズに決めた理由としては大体こんな感じです。

 

 

・業務用カメラのセンサーが恐ろしく小さいので、フルサイズじゃなくても満足出来ちゃう。

一般的に使う業務用カメラって別にボケる必要ないですし、発熱の問題なんかもあってイメージセンサーがすっごく小さいんですよね。普段からそればっかり使っているので、背景がちょっとボケればそれで充分な気がしちゃうんですよ。

やっぱり理想はスーパー35mmサイズですけど、マイクロフォーサーズのセンサーサイズって実際そこまで大きさ変わらないからあまり拘ってもしょうがないかと。

 

・安い。

コレ一番大事。

センサーサイズが小さくなるに従って値段も安くなります。特にレンズ。

周辺機器も重量やサイズに合った大きさのものが必要になりますので、マイクロフォーサーズならその辺も安く済ませられます。

拘れば拘る程お金のかかっていく世界ですから、資金に余裕がなくて趣味でやられる方なんかはマイクロフォーサーズにしておいたほうが後々拘りだした時に後悔しないと思います。

 

・フォーカスが合わせやすい。

マイクロフォーサーズだと絞りをf1.4にしても被写界深度はf2.8ですから、フォーカスもその分合わせやすいです。それがいいか悪いかは別として、ルミックスのレンズなんかはフォーカスリングにちゃんと抵抗があってマニュアル操作がしやすいようになっているんです。ほぼほぼルミックスしか使わないので他はよく知りませんが…

 

・GH4が使いやすい。

やっぱりビデオはビデオ屋ですね。映像に必要な機能はほとんど搭載してますし、大きさも程よくバッテリーも持ちがいい。記録時間の制限もないですし、なによりマイクロフォーサーズだから安い。見た目もそんなにちゃっちくないので現場に持っていっても違和感ないです。

GH4あったからマイクロフォーサーズにしたと言ってもいいくらい良くできたカメラです。

 

 

 

お金に余裕があればフルサイズでもシネマカメラでもいいと思いますけど、お金なくて一人でやるならやっぱりマイクロフォーサーズが丁度いいのかな。工夫しながら使えば結構色んなことできますよ。