読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATOのブログ

映像と音楽と思いついたこと色々

僕が映像制作にマイクロフォーサーズを選んだ理由について

 

 何故マイクロフォーサーズを選んだのか?

 

これはデジタルカメラを使った映像制作を始めるにあたって当初一番悩んだ部分です。

フルサイズか、APS-Cか、マイクロフォーサーズか…

ただ、結局のところどれを使っても一長一短なのであまり深く考えずに好きなの使うのが一番な気がします。

 

 そんな私が当時マイクロフォーサーズに決めた理由としては大体こんな感じです。

 

 

・業務用カメラのセンサーが恐ろしく小さいので、フルサイズじゃなくても満足出来ちゃう。

一般的に使う業務用カメラって別にボケる必要ないですし、発熱の問題なんかもあってイメージセンサーがすっごく小さいんですよね。普段からそればっかり使っているので、背景がちょっとボケればそれで充分な気がしちゃうんですよ。

やっぱり理想はスーパー35mmサイズですけど、マイクロフォーサーズのセンサーサイズって実際そこまで大きさ変わらないからあまり拘ってもしょうがないかと。

 

・安い。

コレ一番大事。

センサーサイズが小さくなるに従って値段も安くなります。特にレンズ。

周辺機器も重量やサイズに合った大きさのものが必要になりますので、マイクロフォーサーズならその辺も安く済ませられます。

拘れば拘る程お金のかかっていく世界ですから、資金に余裕がなくて趣味でやられる方なんかはマイクロフォーサーズにしておいたほうが後々拘りだした時に後悔しないと思います。

 

・フォーカスが合わせやすい。

マイクロフォーサーズだと絞りをf1.4にしても被写界深度はf2.8ですから、フォーカスもその分合わせやすいです。それがいいか悪いかは別として、ルミックスのレンズなんかはフォーカスリングにちゃんと抵抗があってマニュアル操作がしやすいようになっているんです。ほぼほぼルミックスしか使わないので他はよく知りませんが…

 

・GH4が使いやすい。

やっぱりビデオはビデオ屋ですね。映像に必要な機能はほとんど搭載してますし、大きさも程よくバッテリーも持ちがいい。記録時間の制限もないですし、なによりマイクロフォーサーズだから安い。見た目もそんなにちゃっちくないので現場に持っていっても違和感ないです。

GH4あったからマイクロフォーサーズにしたと言ってもいいくらい良くできたカメラです。

 

 

 

お金に余裕があればフルサイズでもシネマカメラでもいいと思いますけど、お金なくて一人でやるならやっぱりマイクロフォーサーズが丁度いいのかな。工夫しながら使えば結構色んなことできますよ。

 

 

 

 

 

 

 

木更津でMVの撮影をして来ました。


現在ツキアタリ右というユニットのMV制作をしております。

メンバーはボーカルのまいさんと、楽曲担当の山本さんの2人組。

f:id:hjryf6fc:20160729234642j:plain左が楽曲担当の山本さん。右がボーカルのまいさん。

 

 今回の曲は幼少の頃の懐かしさを歌った曲だそうで、2人のリクエストは、「OLがタイムスリップして学生に戻り、昔を懐かしむ様な映像にしたい」とのこと。

とても優しいお二人なので、脚本から何から自分の都合のいいように解釈して好きに制作せていただいてます。無理矢理。

 

今回は千葉の木更津市で本編中盤シーンのロケ撮影。

梅雨時期で中々撮影日が決まらず、ようやく決まった当日は気温が32度

f:id:hjryf6fc:20160729235349j:plain朝7時集合、日没まで炎天下の中みなさんよく頑張ってくれました。日焼けで腕が痛いです。

 

 

移動は山本さんに車を出してもらい、出演してもらう役者さんが4名、うちからアシスタントが1名と遅れてボーカルのまいさんが見学に来て総勢7名。

 

高校生4人が学校をサボって遊びに行くという設定で、皆さんには制服を着てもらいました。

f:id:hjryf6fc:20160730000653j:plainテーマは「オフショット

 

役者の方達にはなるべく演技をしない方向でいってもらいました。と言うより皆さんフツーに遊んでいたような…

制服コスプレで木更津を観光するなんてそりゃあもうノリノリなワケですよ。

f:id:hjryf6fc:20160730001237j:plain自由に飲んで食べて歌って踊って時々疲れて眠って…ほんとに元気いっぱいの高校生でした 笑

f:id:hjryf6fc:20160730001651j:plain知る人ぞ知る!7月に出来たばかりのテーマパーク。その名もキサラピア!(凄いネーミング)

オープンにあやかってちゃっかり撮影。

当日はどこかの番組のロケもやっていました。

全席冷房完備とウワサの観覧車で撮影。

乗ったのは全面がアクリルの透明ゴンドラ。無邪気にはしゃぐ高校生4人。それをニヤニヤしながら撮る変態カメラマン…(写真がなくてすいません)

爽やかにバカっぽい感じがまさに青春って感じでした。

 

 

f:id:hjryf6fc:20160730002245j:plain現場では終始インスタントカメラを持たせてパシャパシャ写真を撮ってもらいました。最後は某橋から夕焼けの海へむかって写真を…(写真はスタッフが責任をもって回収しました)

 

インスタントカメラなのである程度はすぐに見れるんですけど、それでもシャッターを切った時のワクワクは、カメラ本来の楽しみなんだと思います。きっと。(フィルム一枚70円!デジカメの感覚では撮れません…)

 

思い出は頭の中にだけ残っていればいいと思っているので、僕は写真を撮るのがあまり好きじゃないです。実際ほとんど撮ったこともありません。

ですがこうやってフィルムで撮ってみると、写真もなかなかいいものだなと…

 

 

f:id:hjryf6fc:20160730003053j:plain 恋人の聖地、赤い橋にて。なぜかキメ顔の4人。

 

 

f:id:hjryf6fc:20160730003353j:plain因みに小道具に使ったカメラはロモグラフィーインスタントカメラ

ロモの画で初のインスタント。カラーバリエーションも豊富でとってもオシャレです。フィルムはチェキのインスタックスが使えるのでお手軽ですし、女性の方にかなりオススメです!今年の夏は是非ロモを持って出掛けて友達に差をつけよう!みたいな記事ありそうですね。でも本当オシャレですよ、これ。

 

 

 

f:id:hjryf6fc:20160730003633j:plainそんなこんなでクランクアップです。

みなさんご協力ありがとうございました!完成は乞うご期待!

 

 

機材紹介1 ジッツオG2180フルード雲台

最近購入した雲台を紹介します。

f:id:hjryf6fc:20160516150552j:plain

ジッツオのフルード雲台G2180です。

 

最近の一眼レフやミラーレスでの動画制作に丁度良いサイズと重量ですね。

主にトラベル用ですが、僕の場合はメインで使っています。

他の方のブログやレビューなんかには、別にプレートを購入しないとバランスが取れないなんて書いてあったので、心配になって同じジッツオのミディアムプレートを買ったのですが、僕の使っているGH4では必要なかったみたいです。

カウンターバランスがけっこう優秀なので、よっぽど重いレンズを使わない限りバランスが取れないことはないと思います。

質感や操作感も良いですし、なにより見た目がカッコイイですね。

 

ただ使っていて思うのは、パン棒がちょっと短いかなと。(僕の場合、完全に見た目の問題ですがw)

それとパン棒の付け外しがスムーズじゃないのが結構気になるところです。

 

パン棒のつけ外しはマイナスのネジ止め。

大体、バラして持ち運ぶので、パン棒付けるのに現場でいちいち十円玉を用意しないといけないのが煩わしい。

現場は一瞬。僕のモットーはスピードが命ですので、時間をとられたり手間がかかったりしてモタモタするのは極力減らしたいんですよ。だからこういった点は結構重要だったりします。

 

とは言ってもやはりジッツオ。かっこいいコイツをしばらくは使い続けると思います。

 

 

買ってから気付いたのですが、この雲台珍しく水準器が付いていない。まぁ三脚やレベリング、クイックプレートにも水準器付いてますので雲台にまで水準器が付くと水準器だらけになるとwww

 

ちなみに下についているレベリングベースはサンウェイフォトのDYH−66iというやつで、

f:id:hjryf6fc:20160516153818j:plain

組み合わせるとサイズも丁度良くカッコイイです。

当然水準器もこれに付いてますので水平出しも問題ないです。

 

 

 

 

ブログ始めました

 

 特に意味はないのですが、今日からブログ始めます。

 

 若者のくせにインターネットに凄く弱いのでこういうのには無縁だったのですが

 そろそろ世間に置いてかれる気がしたので焦って始めました。

  現在会社員をしながらフリーランスを目指して日々勉強中です。

気ままに思いついた事を記事にしていこうと思います。


宜しくお願いします。