読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATOのブログ

映像と音楽と思いついたこと色々

人生初海外のワタシが何も考えずにNYに来てしまった話2

 

 

こんにちは、KATOです。

 

前回の続きです。

f:id:hjryf6fc:20170227213424j:plain

ホントはニューヨーク旅行記みたいに書こうと思ったんですけど、やっぱりなんか違うなと思って、ここは率直な意見を書こうと思います。

 

結論から言うと、このプロジェクトに参加できたことは自分にとってすごいことで、初めての海外だし、ニューヨークだし、自分のキャリアにない仕事で、参加出来たことをとても光栄に思います。

ただ結果として場所はどこでもよかった。別にニューヨークじゃなくても。

観光も苦手だし、英語もわからないし、人見知りだし。でもひきこもって何かやっていても気付いてくれる人がいなかったらそれは誰にも感動を与えられない。今回一番学べたことは場所が重要なのではなくて、誰と何をするかが重要だということ。人に会うことの大切さ。

会社にいただけじゃ、友達といただけじゃ自分のスタンス、器ははかれない。自分がどの位置にいてどんなことが出来るのか。

許可をとってないのと、情報がまだ公になっていないのでニューヨークで何をしてきたかは具体的にここでは言えませんが、今回色んな人にあって改めて考えさせられました。

みんな違う意見をもってる。あるところでは評価してくれる人がいて、またあるところでは批判されることもある。

批判されるのは怖い。評価されてばかりだと自分を見失う。

僕は今まで人の意見を怖がってあまり外の世界に出て行かなかった。

だから気付くまでに時間がかかってしまったけれど、今回の活動を通してそれに気付けて良かったと思っています。今後に活かせる凄く大切な時間を、プロジェクトに参加させていただいたことで皆さんから教えていただくことが出来ました。あらためて出会った人達に感謝いたします。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

人生初海外のワタシが何も考えずにNYに来てしまった話1

 

こんにちは、KATOです。

 

趣味は誰にも見られないところで周りを気にしながら好きな音楽にあわせて踊ることです。

 

f:id:hjryf6fc:20170221212549j:plain

当時を思い出しながら書いているので(一週間前)半分くらいは内容忘れてますが許してください。

タイトルにもある通り、何の前触れもなくきっかけがきっかけを呼び、コウノトリがベイビーを運んでくるがのごとく、平々凡々な毎日を送る僕になぜかやってきた話。

 

「YOU、海外来ちゃいなYO!」

 

これは唐の時代のあるエライ武将の方が使った言葉なそうな。

大体出発の3ヶ月くらい前に言うと効果があるとかないとか。

これを聞いて(LINEで)僕は即答しました。

 

 

今から行くね(*´ω`*)

 

 

……送る相手を間違えた。

動揺しすぎて震える指先が友人(女)に送る予定だった文をまだ知り合って間もない先輩(男)に送ってしまった。

 

たぶん向こうも全然意味がわからないし気持ちが悪いと思うので、気を取り直して「何持っていけばいいですか?」と聞くと、「パスポートあれば大丈夫。」と。

 

僕がキモい文を送ったのは軽くスルー。

 

当時の僕は本当に世間知らずで、

パスポート?はてさて?それは一体?状態。

まぁそれがあれば大丈夫みたいなのでお金の心配をしつつ楽しそうなので行くことに決めました。(今はパスポートがなんだかわかりますよ…)

 

ちょっとふざけ過ぎたので真面目に書きます。誘っていただいた方は国内外で精力的に活動なさっているビデオグラファーの斎藤さんという方でJIRIのライブで僕がVJをやらせていただいたときに知り合って、現在も世間知らずな僕に世話を焼いてくれる大変ありがたい人です。

 

 

ちなみに当時僕が斎藤さんから知らされていた情報は、

 

X-menみたいなすごい人たちが10人くらい一緒に行く。

 

どこの国に行くかはさっぱりわからない。

 

ヘアメイクの撮影。

 

10日くらい休み取れ。

 

外国の女はいいぞ。

 

……くらいだった気がします。(違っていたらゴメンなさい)

 

 

〜そして出発2週間前〜

 

斎藤(以下s)「パスポート取ったか?」

 

KATO(以下k)「昨日ゲットしました!」

 

s「行き先はNYに決まったから」

 

k「楽しそうですね!何時間くらいですか?」

 

s「14時間くらいだな」

 

k「………長っ!(福岡行きの夜行バスみたいやん…)」

 

s「メンバーはこんな人たちで…(携帯の画像を見せる)」

 

k「フムフム…」

 

s「現地で大体こんなことするから(企画の書いた文章を見せながら)、ロケにスタジオにインタビュー撮ってオフショットも撮る」

 

k「こんな大事なことなんでもっと早く教えてくれないんですか?機材の準備もあるのに」

 

s「俺も今日知ったんだわ」

 

k「……」

 

 

 

ニューヨークはでかい。震えた。(続きます…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機材紹介3 音響類

こんにちは、いつも真面目なKATOです。

 

今回は音響周りの編集環境をご紹介します。

f:id:hjryf6fc:20170219004645j:plain

メインは映像編集ですが、DTMもやるのでモニター環境には多少気を使っています。

 

モニタースピーカーはMackieのCR3。緑がカワイイやつです。

f:id:hjryf6fc:20170219004610j:plain

f:id:hjryf6fc:20170219004752j:plain

選ぶ基準は基本的に見た目の良さ。見た目がよくないと使う気になりません。(中田ヤスタカ氏も言っていた気がする)

音がいいかは不明。低音に多少の癖がある気がしますが、小さい部屋でならすには無難なサイズでそこそこの音質。

LR切り替えられるし前面にボリュームがあるので使い勝手はすごくいいです。

 

オーディオインターフェイスは同じくMackieONYX BLCKJACK

f:id:hjryf6fc:20170219004910j:plain

2x2のシンプルなやつ。24bit48khzですが今のところ特に困ってはないです。見た目がいいし。

オーディオインターフェイスはこれの前にFocusriteScarlettAKAIEIE PROを使っていました。Scarlettは見た目が微妙なので現在は会社にドナドナしました。EIEは左右の音量差が激しいのとwifiのノイズがのるのとで使っていられず、すぐに手放してしまいました。見た目はかっこいいんですけどね。VUメーター付いてるし。

 

ケーブル類。オヤイデD+

f:id:hjryf6fc:20170219005415j:plain

見た目です。緑で合わせたかっただけです。音がいいかはさっぱりわかりません。ちなみにUSBケーブルもD+。これも見た目です。USBケーブルで音が変わるんでしょうか。知ってる方いたら誰か教えてください。

 

興味本位で壁コンも変えてみました。

f:id:hjryf6fc:20170219010016j:plain

カバーはフルテック。中身はアメリカン電気。

音がいいかは不明。見た目はなんとなくそれっぽい。

 

イヤホン、ヘッドホン類はSENNHEISER

f:id:hjryf6fc:20170219005918j:plain

SENNHEISERの音が好きなのでイヤホンはリスニング用に使っています。

僕は片耳が難聴なのでヘッドホンはモノラルに変換してスピーカーと使い分けています。

 

全体的に音に対するこだわりというより、見た目や好みで選んでます。

好きなものに囲まれて仕事がしたい!だって使っててテンション上がりますもの。

そこそこの品質のモノなら大体どれ選んでも普通に使えます。使う人次第です。 

2017年、今年の抱負!

こんにちは、KATOです。

 

機材にもうお金はかけない!が今年の抱負です…

色々買いすぎました…

でもパソコン新しくしたい(涙)

 

 

お金のかけどころって三つぐらいあると思うんですよ。

経験になるか、知識になるか、人脈になるか、仕事の幅が広がるか…あぁ、四つありますね。

 

機材を買えばできることが増えるし、飲みに行けば知識や人脈が増える。

お金がもらえなくても経験したことのない現場は積極的に飛び込んでいくべきだし、そうやって投資したお金がのちに自分に返ってくるんですよ。たぶん。

 

だから何にいくら使うかって大事になってきますよね。

相手をよく見て、ものをよく見て、自分に必要かどうか判断する。簡単なようで意外と難しい。

 

難しいから必要ない機材まで買ってしまう…

最近先輩に怒られましてね、機材マニアかお前はと。

 

心に刺さりました…

 

 

 

かっこいいものが欲しい!! 俺はただそれだけなんだYO!!

 

 

渋谷の夜ってなんであんなに無法地帯なんでしょう?

 

こんにちは、KATOです。

 

以前からお世話になっているJIRIというバンドのライブ撮影に行ってきました。

 

f:id:hjryf6fc:20170113000528j:image

 

www.youtube.com

 

僕がプライベートで映像をやるきっかけになったバンドさんです。

VJをやらせていただいたり、MVの撮影にも参加させてもらいました。

www.youtube.com

 

最初は結構ビビってました。普段の仕事はブライダルカメラマンだし、一人で経験のない現場に飛び込んでいくって勇気がいりますよね。

今の仕事ですら当時まだ2年目。映像の知識なしに入社して、パソコンすら使ったことがなかった。だから最初はとにかく挙動不審でした。

機材もその都度揃えて、だましだましやっておりました。(JIRIのみなさんスイマセン…)

 

でも勇気出してやってよかったです。ホント。

知り合いも増えたし、他からも映像の仕事もらったりしてちょっとずつそれらしい活動ができているのかなと。

これまたJIRIきっかけで知り合ったビデオグラファーの方と来月にはなんとニューヨークでの仕事の話もいただきました!(交通費は自腹で…)

 

やれば大概なんでもできるもんだなぁと、ライブのあとの渋谷の夜景を眺めながら思いました。やっぱり自分からアクション起こさないと何も始まらないなと!

 

ただ、あの無法地帯な渋谷の街はあまり好きになれない。変な外国人に絡まれたし…

 

三鷹ロケ撮影終了、ツキアタリ右「ノスタルジア」MV

どうも、KATOです。

 

みなさんバリウム飲んでますか?

最近のバリウムは夕食に出されてもOKなくらいおいしいらしいです。会社の先輩が言ってました。

僕は成人するまで何故かバリウムは大人の男女がエッチなことに使うものだとずっと思っていたので、バリウムという単語を聞く度にみだらな人間だと勝手に思い込んでいました…

 そんなピュアなワタクシが制作しているツキアタリ右さんのミュージックビデオがようやく完成です。

 

www.youtube.com

 

最後のロケは三鷹で行いました。

本業を終わらせ、そのまま三鷹へ移動。夜から撮影スタートでお昼で終了というなかなかハードなスケジュールでした。

 

その日がたまたま会社の健康診断の日でして、腸の検査?のためにバリウムってやつを飲まされるわけですよ。

あれがホントに辛くて…何が辛いって出てこないんですよ。バリウム

出てこないだけならまだいいんです。飼いますから。それがだんだん腹痛くなってきてトイレから出られない。

 

しょうがないのでお腹痛いのを理由に予定より一時間遅れて出発。

夜通しなので移動の電車で少し仮眠。そろそろ着くかなってころにパッと目覚めまして、肝心の衣装を忘れたことに気付きました。

帰りましたよね。取りに。

 

家から三鷹まで往復2時間。着いたときには日付が変わってました。もちろんバリウムは腸の中。腰をまっすぐにするとバリウムが入ってる部分が圧迫されて痛いんですよ。

だから終始おじいちゃんみたいな体勢で撮影してました。それもなるべく役者の子に気づかれないようにさりげなく。特に意味はないですけど。

 

撮影自体はスムーズで、これといって何もなかったです。

 

 

f:id:hjryf6fc:20160912201156j:plain

主演は皆川鈴夏さん。

撮影も無事終了。最後においしいお蕎麦屋さんで二人でお昼を食べてさよならしました。f:id:hjryf6fc:20160912202919j:plain

 

またいつか会うのか、もう会うことはないのか。こういった出会いと別れの瞬間は、なぜか少しだけおセンチになりますよね。少しだけ。

打ち上げこいよ!やるかは知らないけど。

 

撮影に協力していただいた皆さん本当にありがとうございました。

皆川さん、北島さん、津田さん、林さんお疲れ様でした。また縁があって僕の作品に出てもらえたら嬉しいです。

 

では。

f:id:hjryf6fc:20160912203053j:plain

機材紹介2 エーデルクローン クイックリリースワンが便利過ぎる

どうもKATOです。

 

今日はクイックリリースプレートの紹介です。

毎回ネジネジしながら三脚から一脚へ、一脚から三脚へ、寄せては返す波のようにカメラを付け替えていたのですが、これが面倒で時間もとられて頭にくるのでさすがにそろそろクイックプレートなるものを買おうと色々物色。

クイックプレートは付け替える脚の数だけ台座が必要。お金も手間もかかるので渋っていたのですが、エーデルクローンというメーカーからクイックリリースワンというものを見つけました。

ここのメーカーは個性的な製品が多く、クイックプレート以外にもスライダーなんかが人気みたいです。

edelkrone - edelkrone

 

f:id:hjryf6fc:20160816202354j:plain

エーデルクローンのクイックリリースワン。 

 

普通のクイックプレートは、本体とそれをかませるための台座がセットになっているのが通常なのですが、こいつは台座のみ。

 

どういう仕組みかというと、外枠のレバーみたいな部分が独立して動くことで裏にある3つのネジが回転して固定するというもの。

f:id:hjryf6fc:20160816203046j:plain

 

 

台座いらずで、常時カメラ本体につけたまま複数メーカーの三脚等に直接付け替えられる優れもの。

三脚から一脚、スライダー、ドリーと瞬時に付け替えられるので忙しい現場での対応がすごくスムーズになりました。

だいたい半周くらい回せばしっかり締まります。

 

他の製品のように台座をたくさん用意する必要がないですし、質感や作りもしっかりしていてこれはほんと買って正解でした。

 

ただ残念なのが、日本の取り扱い店がかなり少ないのと、機械式のスタビライザーなんかに付けるとバランスがその都度微妙に変わるので調整をしないといけないところですね。

スタビライザーにはあまり向いてないです。

 

 

ちなみにワタシが買ったのはここ。

https://gowas.thebase.in/items/3314770

たぶん日本で取り扱ってるのってここだけだと思う。

 

最近は中国メーカーも似たようなの出しましたね。どうなんでしょう。